大きな鯛のお見舞い|占いと人生相談広島占い「真我占い館」

大きな鯛のお見舞い|占いと人生相談広島占い「真我占い館」

大きな鯛のお見舞い|占いと人生相談広島占い「真我占い館」先生の喘息とパートナーの過去のある日。昔の記録を見つけると様々な思いがよみがえります。私たちもいろんな事がありました。

※当サイトは広告を含みます

春、大きな鯛のお見舞い|占いと人生相談広島占い「真我占い館」

春、大きな鯛のお見舞い|占いと人生相談広島占い「真我占い館」

 倖田三山 文

 

春、夫婦の思い出
春は喘息が出やすいようです。
木の芽時という昔からの言葉があります。
木の芽が吹くころ、心や体が不調になりやすい事を意味しています。

 

私たち夫婦にも、こんな木の芽時の思い出がございます。

 

春大きな鯛のお見舞い(倖田三山・文)

 

春初めは喘息が出やすい。
占い師のS先生も、一昨日から胸がヒューヒュー音を立てていた。

 

朝。

私は、果物、野菜と買い、魚コーナーに。
「おっ、鯛。でか!新鮮!」
丸々として厚みがあって目がきれい。赤黒くて生き生きしてる。
しかも、880円。
いやいや、35センチはある。
「今朝絞めで刺身用。よし!」
「うん。お見舞い。」トレーを持ち上げるとずしりと重い。

 

カートを押しながら、お菓子とスイーツを買った。

 

家に帰ると

家に帰ると、炬燵に顔を伏せていた。
喘息は、横になると苦しいと言っていた。私は不安になった。
「お見舞い!」と勢いよく出したかったが、「ただいま」と小さめに言って背中をさすった。

 

S先生は、力なく笑いながら、「うん。大丈夫。酸素も脈も良いようだし。」
私は、S先生の背中に耳を当てた。ヒューヒュー音がしている。布団にいた時から比べたら、薬のおかげだが、随分良くなってる。そう思うと、元気が出た。

 

「お見舞い」と言って、炬燵の上にS先生が好きなお菓子や果物を並べた。
それでも彼女は、低い元気レベル。にっこりして言った、
「私の好きな物ばっかり。愛されてるのね。ありがとう。」

 

「鯛のいいのがあったから、これもお見舞いに買って来た。」そう言いながら、キッチンへ行った。
寂しかった。
そっとしておくしかないのだ。

 

次の日の朝

私は愚かにもS先生が料理した鯛が食卓に出てくるのを期待していた。
が、出てこなかった。
以前なら、
「刺身用なんだけどなあ」くらいは言っていただろう。

 

と、
「夜までには、料理しておきたかったけどできなかった。」と、笑顔のレベル3くらいでつぶやくように言った。

 

私は、ハッとした。
「(俺は、なんてやつなんだ!)」

 

「(そうか。料理してこそお見舞いじゃないか。
彼女の言葉で気が付いた。済まないと思った。これまでの事は取り戻せないが、今すぐからやろう。)」

 

鯛料理、鯛を下ろす

魚を洗い、シンクにまな板を置いた。昔の古いシンクだから、魚は端から端まである。
うろこ取り器を動かす。バシバシ、バッバッと大きなうろこが寄ったり取れたり跳んだりする。煮魚はうろこが残ってると嫌だから、何度も裏返し、持ち上げ、指で確かめては、またうろこ取り器を動かす。

 

いよいよ包丁だ。出刃包丁を出す。
どうする?どこからどう切る。魚をおろすなんて実に久しぶりだ。忘れている。
そうだ!ワタを出す。
腹びれと腹びれの間を縦に切ろうとする。固い。ジョリジョリ、ジョリと何度も繰り返す。昔、彼女に習って魚をおろした記憶と感覚がよみがえり始める。

 

「よし!」
包丁がずれて手を切ったりしないように、力を込めながらも用心深く、ぐいっ。

 

「白いんだ。そうだった。綺麗。」そう思った。腹の切り口が開いて、締め血抜きが完璧で汚れの無いワタが見えた。
「(残酷ではない。神なのだ。だから、感謝。すべてに感謝。)」心に訴えながら、手を動かした。

 

魚をさばく記憶は蘇った。が、現実の手さばきは歳のせいもあってぎこちない。
魚の頭を落とす。と言ってもでかい鯛の骨は固い。固いから、骨と骨の継ぎ目を捜す。そこが切りやすい。
これがまた、感覚と手さばきが連動しない。ゴジョゴジョとやる。すーっとできない。ふうー。

 

それから、流水にして手の滑りに気を付けながら洗う。
で、「忘れてた!換気扇を回さなきゃ」と手を洗った。

 

家の外

外は、三月の戻り寒。梅が風に散る。
スイセン咲いて黄色く揺れていた。いや、緑の細長い葉が守るように揺れている。
この休憩が良い。若い頃は、何でも一気にやったものだ。

 

回復を願い思う

先生はいつの間にか眠っていた。
「暖房が効いたらしい。」
起こさないように、首元の毛布を整えた。

 

「この場面の先には、いつもの笑いがある。」
そう強く言い聞かせて台所へ戻る。

 

しばらく休憩して

しっぽの方の皮と背骨の間に包丁を通す。じょりじょり。左手で、しっぽを持って、右手の包丁を付き通したまま、半身を切り離す。骨に当たる包丁の感覚がよみがえった。
切り離した身の切り口は、やはりためらいながらやり直したと分かる。が、上々の出来。皮をはげば刺身になる。

 

もう片方もやれば、三枚おろしになる。が、ここまでにして冷蔵庫に納めた。

 

「先生、どうするう?」と居間のS先生に聞く。
「もうちょっと寝るぅ」甘えてる。
男としては、彼女の笑いや甘えが嬉しい。素のままの感情と振る舞いと表情が、嬉しい。何より、良くなってる!
「よっしゃ、蒸し焼き。いい?」
「お任せぇ!」とさっきより強い声が返って来た。

 

「刺身はどこへ行った? アニサキスだもんね。」ひとり言。

 

骨が付いた方の身に塩を振る。頭は固くて兜割りにできなかったので、そのまま塩を振った。
フライパンに置いて蓋をする。
レンジ点火。弱火30分。

 

蓋を取る。湯気がばあーと顔に当たる。うまそうな鯛の香り。
「出来たー!」

 

ふたり

カタコトカタコト、食卓を整える。
並んでテーブルに座るのも嬉しい。
「レモン?ユズ?」「このまま」「醤油?」「うん、醤油、ちょっと」
「よっしゃ、ほんのちょっとね。あっ!」(笑)

 

「(ぜーんぶやって、そして、嫌がられないことをもっとやって、さらに片付けも綺麗に綺麗にして、それがお見舞いなんだ。)」

 

「(静かに優しい気持ちでいることも、お見舞いなんだ。)」

 

「おいしーい。うふふ」
「治ってる!」
「だって、息が出来たら、良いんだもん。」
「そうか。良かった。」
「うふふ」

 

私は、彼女の背中に回って耳を当てた。
すると彼女は面白がって、息をしないで息をした振り。
「おいおい。完全回復じゃ。ヒューヒューしてない。あれ?息しとらんじゃろ(笑)」
「あはは、あはは」
「やられたあ。あはは、先生にはにはかなわんなあ。(笑)」

 

「お互い、元気でいましょうね。」
「そうそう。歩けるようになったら、外を歩こうなあ。」
「うん。桜も見たい。」
「俺もだよ」

 

彼女は、蒸し鯛をもぐもぐ。
「ああ、美味しい。あなた、ありがとう。全部やってもらったね。」
「おっ、その言い方!」
あはは、うふふ。
涙をこらえるために、二人で上を見て笑ってた。

 

先生「あっ、鶯。」
耳を澄ますと、しばらくしてまた鳴いた。
先生「ね、鶯でしょう。」

 

「ありゃ、他に何も作らんかったねえ。」と言おうと思った矢先だったので、「本当だ。鶯だ。縁起がいい」頷いた。

 

そして、ゆっくり「鯛の蒸し焼きを、二人で食べているんだなあ。」そう思ったのでした。

 

占いと人生相談なら、広島占い「真我占い館」へ!

広島よく当たる占い
広島占い 真我占い館
広島県三原市中之町4丁目19の26
琉球四柱推命運命上級鑑定士 丹花咲多子の元気が出る占いです。

 

[広島占いのお問い合せや、お申し込みはお気軽に!]
お気軽にどうぞ。
広島占いと人生相談 電話
080-5758-2084

 

占い教室もございます。
広島四柱推命占い教室 真我占い館


〈夫婦カウンセリング〉

結婚前、結婚後、離婚前、幸せ中、同棲中、希望のない二人中、セックスレス、仮面夫婦などなど。
離婚後の次に備えた波動作りなどなどのご相談もどうぞ。


広島、東広島、尾道、福山で当たる占いなら、琉球四柱推命の真我占い館(三原市)へ!

手相と四柱推命の広島占い真我占い館