復讐心を天国言葉に出来るって素敵!

「暗い人・怖い人」は心がジメジメしてる
自分がうまく行かないのはあの人せい。
思い出しては恨み呪う。でも、助からない!

「恨みから、手を離せばいいだけ!」なのに。

あなたは、素敵に生きるべきです。
恨みに左右されたままでいいの?

「天国言葉を教えてあげる。」
呪いより天国言葉の方がずっといいよ

復讐心

「許すなんて出来ません。だいたい、許すっておかしいですよね。」
Aさんが言います。
「あたしの大事な心に住み込んで、あたしをこんなに苦しめる。あいつがぐちゃぐちゃになるのを見届けなきゃ、死んでもしに切れません。」

 閉じ込めていた怒りと涙。

「許したら?と言われたことはあるんです。無かったことにするんでしょ。何言ってんの!じゃ無いですか。」

「あたしに出来る事は・・・最後の最後に、意地悪をして苦しめてやることです。あたし、絶対に笑って死ぬんです。
 これが復讐なんです。」

 同情も求めず同意も求めず、それでもティッシューを時に使いながら話します。
「今は、勝手にご飯食べて口も聞きません。出て行くわけがないじゃないですか。私のほうが収入が多いんですよ。あいつは、そうなんです。でも、与えはしませんよ。」

 最後のクライマックスです。
「先生、それであたし、荒れ果てた墓地を買って、スコップで穴を掘って土をかぶせて、置き去りにするんです。
 あたしが、死ぬまで笑えるじゃないですか。」

 帰り際に、お金を払いながらこう言いました。
「先生、何も言わないで聞いて欲しいと言ったら、先生はそのとおりに。夢に描いていたお母さんみたいでした。」

〈それから、一年位いのちに電話がありました。〉
「先生、今度は先生の話を聞かせてもらっていいですか?」

 その時も、予定の一時間を一人で喋りました。が、「あっ、先生。先生の前に来ると、どうしてこうなんだろ。」と言って、私を見たのです。
 二人で笑いました。

「ご先祖さまに手を合わせてる?」
 ハッとしたように、
「確かに、仏壇が気になってたんです。でもこっちの家のだし。」
「じゃあ、自分の机の上でいいですから、ご飯を炊いたら、ご飯とお水をお供えして、『おとうさん、お母さん、ご先祖さま、どうぞお召し上がりください。いつも感謝しています。』と、声を出してお祈りしてみてください。一年は続けてください。」
何故か、いやとは言いませんでした。「はい。」と私を見ました。訳を聞くためです。
「あなたが、のちのち良い仏さまにみちびかれるため。」
 ふと、寂しい笑い顔。
 でも、私には、閉じてた心に届いたのがわかりました。

 頭を下げながら、「ありがとうございます。」と言って、「来月二十五日、十時から、先生のお時間が空いていたら予約お願いします。」と、柔らかさが戻った目で言いました。

〈後日譚|気がついて変わる〉
少しずつ、気が付きました。このままだと、恨みと憎しみにしがみついたまま一生どころかあの世まで、暗い自分でいる。しかも、恨んでも恨んでも相手は、地獄に落ちるわけじゃない。と。
幸せに生きなきゃ、それこそ大損。
「恨みから、自分で手を離せばいいじゃない!それだけ!」

「あなたも幸せになって。私も幸せになります。はどう?」そう言うと、「本当だ。凄い。なんだか、心がふわーっと楽になりました。」

〈天国言葉〉
何回か通ううちに、天国言葉が、自然に出るようになっていました。
※天国言葉(愛してます、ツイテル、嬉しい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します)

言い方を変えてみます。
「愛してる、ツイテル、嬉しいな、楽しい、いつも感謝してる、幸せだなあ、ありがとう、許す」
破局になる前に、惜しまず使ってください。使ったときから効果が出ますよ。
破局になっても、運気や波動を上げます。

広島占い「真我占い館」

真我占い館は、広島県三原市中之町4−19−26にあります。
出会い、恋愛運、結婚相談などなど占いと人生相談その他、何でもどうぞ

占い師は、琉球四柱推命運命上級鑑定士丹花咲多子です。
広島占い 真我占い館「丹花咲多子」

[占いのお問い合せや、お申し込みはお気軽に!]
占いお問い合わせ・お申込み電話:
広島占いと人生相談 電話
080-5758-2084

占いお問い合わせ・ご予約メールフォーム:
お問い合わせ・お申込み


広島|竹原|三原|尾道|福山|東広島で占いなら、よく当たる占い「広島占い 真我占い館」!
岡山、島根、鳥取、愛媛、兵庫、大阪、東京の方も、日本全国の方もお待ちしています。
電話占いもございます。
真我占い館は、広島県三原市中之町4−19−26にございます。

※写真はPixabayさんからお借りしました。ありがとうございます。
このページの先頭へ戻る