劣等感が怒りになる

劣等感が怒りになる

劣等感から来る怒りは、抑えるのもよいのですが、劣等感そのものに対する方策が必要です。心の根本を明るくする訓練をする方法もあります。

劣等感の克服は怒りセーブにつながることも

人のタイプ

「劣等感じゃない?」と言われたら、がっくり来るでしょうか。
それとも、「そういう風に見られてるんなら、自分を変えた方が良いかも」と、思考するでしょうか。
劣等感が怒りになることも
例えばのお話です。

 

劣等感が固定しやすい人

「素早く完璧に」出来た時、無上の喜びを感じるタイプがあります。
自分にも、人にもそれを求めます。

 

すると、たいていは素早く完璧に出来ないわけですから、残念気分が積もります。
それが、劣等感になります。

 

劣等感は固定する

劣等感が固定すると、
自分はダメだと感情的に落ち込みます。

 

或いは、人を馬鹿にすることで、自分が偉いことを認めようとします。

 

その落ち込みや、偉い事の証明のために、怒ってみせることになります。

 

劣等感が小さいか、持たない人がいます

「時間をかけて頑張るのが面白いタイプ」です。

 

根本を比べてみると、「成長志向」かどうかです。

 

怒りの元の例

恐れ、悲しみ、苦しみ、苦悩、軽蔑、嫌悪、後悔、嫌な攻撃、恨み、罪悪、焦り、絶望、憎しみ、恥、諦め、妬み・・・

 

上記のタイプは、これらを解決或いは解消するかしないかと言うことも出来ます。

 

心の在り方

解消するのが、成長を楽しむ成長志向タイプです。

 

「人生は、成功か大成功しかない」のです。
失敗は、乗り越えて成功なのです。

 

劣等感を成長志向に

例えば、完璧主義も劣等感にやられ、仕事が停滞することがあります。
意識して、成長主義に変えると良いでしょう。

 

劣等感

 

命令したり、責めたり、馬鹿にしたり、威張ったりする人は、劣等感に侵されているかもしれません

 

素早く完璧にできた時が一番よいと感じる人は、「出来ない」感情が、劣等感になります。
次々と問題が押し寄せ、めったに完璧に出来ないから、「出来ない」感情に支配されていきます。

 

心の根本が「劣等感」だと、何を考えてもどんな行動をしても、劣等感が元になった考えをしてしまいます。
ダメダメ思考と行動です。

 

心の根本が明るくして、明るい考えや行動が主の人になると良いわけです。
例=
競争で負けました。
「早い人を参考にしたり聞いたりして、練習すればいい。」

 

テストの成績を指摘されました。
「やり方が間違っていたのかもしれない。勉強の仕方を質問しよう。」

 

レギュラーから外された。
「正しい練習の仕方を聞いて、やり直そう。」

 

心の根本を変えましょう
心の根本を、「人は必ず育つ」に変えていくと治ります。

 

愛です。

 

※劣等感は、使い方によってはパワーになります。が、たいていは、自分も周りもしぼませる力になります。

 

 

やはり、訓練をし続ける必要があります

自分でリストを作ってやってみましょう。
必ず、一生の役に立ちます。
途中でやめないでください。

 

  • 自分にも人にも「素早く完璧に」は求めない。
  • 成長志向だ。
  • あの面白い人の真似をしよう。

 

本をたくさん読んでくださいね。
劣等感の克服
気がついたら、怒らなくなっているでしょう。
それどころか、「愛ある人」になってるでしょう。